新着情報

【アドヴェント】

アドヴェント(待降節)とは、キリスト教の暦でクリスマス(降誕日)=12月25日の前の日曜日から数えて4週間前からの期間を指し、クリスマスを迎える備えのときとしています。

 

2019年は12月1日(日)がアドヴェント第一日曜日にあたります。本校ではその前の全校礼拝、11月29日(金)をアドヴェント第一礼拝とし、クリスマスを待ち望むときを過ごしています。

 

2019121301

 

子どもたちは、イエスさまのご降誕を喜びお祝いする気持ちを飾りつけとしてあらわすために、造形の授業で作品を制作しています。

 

1年生は、紙粘土でクリッペをつくっています。クリッペ(ドイツ語。フランス語ではクレッシュ)とはもともとイエスさまが生まれた飼い葉桶のことで、聖誕の場面をあらわす人形の飾りのことです。

 

2019121300

 

子どもたちは自分の作りたい登場人物を選び、真剣そのものの表情で形を作り、絵を付けました。

 

2019121302

 

1年生が関東学院小学校で迎えるはじめてのクリスマス。作品はa組が2階教員室前に、b組が1階児童昇降口前に飾ってあります。

 

2019121303

 

2年生と4年生はリースを作りました。

 

2年生は茶色の筒を作り、その上に緑だけでなく紫やオレンジなどの葉っぱを一枚一枚切って、貼り付けています。色鮮やかなリースは元気いっぱいな2年生の姿を表しているようです。

 

2019121304

 

4年生は、工作用紙を繋げて円柱を作り、その上にプレゼントやろうそくなども飾り付けています。リボンの色は何色がいいかな、靴下もつけたらどうかななどと、悩みながらよりよいものを作ろうとしています。

 

2019121306

 

キリスト教委員が準備してくれたクリスマスツリーに、素敵な飾り付けをしてくれたのは3年生です。雪だるまやサンタさんなどの絵を描き、オーナメントにしてくれました。

 

2019121307

 

2階エントランスに飾られたツリーには、3年生の思いがたくさん詰まっています。

 

2019121308

 

最高学年の6年生は、礼拝堂前ホワイエの窓一面を飾る大きなステンドグラスを制作しました。

 

2019121309

 

どのような絵にしようか、何色をつけようか、グループで相談し協力して作りあげました。

 

2019121309b

 

完成したときにはほっとしたような笑顔があふれていました。

 

2019121310

 

2019121310b

 

2019121310c

 

飾りつけだけではありません。5年生は聖歌隊として賛美の歌声によってクリスマスの喜びをあらわします。

 

12日(木)には小学校を代表して学院クリスマスコンサートに出演します。姿勢を正し、息をそろえて歌う練習を何度も重ねています。本番が近づき、中高オーケストラとの合同練習も行い、大きなホールでもっと声を響かせようと、さらに歌声に磨きをかけています。

 

2019121311

 

また、21日(土)の小学校のクリスマス礼拝でも、おそろいのガウンを着用し、聖歌隊としてたいせつな役割を果たします。

 

2019121312

 

ブラスバンドやトーンチャイムクラブの子どもたちも音楽による奉仕をしています。

 

今年度から活動を始めたトーンチャイムクラブは、12月6日(金)のアドヴェント第二礼拝で心静まるような演奏を聴かせてくれました。

 

2019121313

 

ブラスバンドは、学院クリスマスコンサートにむけて音を合わせて最終確認をしています。サンタの帽子をかぶり、お客さんを楽しませようと意気込んでいます。

 

2019121314

 

関東学院小学校の12月。校内のあらゆるところにクリスマスを迎える喜びがあふれています。

 

2019121315

 

クリスマスに向けて歩む一日一日の中で、イエスさまをお迎えする準備をしています。

 

▼カテゴリー別
▼月別