新着情報

【英語コミュニケーションコンテスト】

11月8日(土)、4年生が英語コミュニケーションコンテストに出演しました。

 

 

英語コミュニケーションコンテストは、

関東学院の英語コミュニケーション力向上のためこども園から大学まで

7校が一堂に会して日ごろの学習の成果を発表しているもので、

ことしで6回目を迎えます。

 

 

関東学院小学校は毎年4年生が全員で出演しており、2学期に入ってから

毎週の英語の時間に歌やダンス、セリフの練習を続けてきました。

 

また、10月には関東学院大学で日本語を学ぶ留学生6人が来てくださり、

発音のアドバイスをいただく機会ももちました。

 

 

今回、4年生が発表したのは、キャンプソングには欠かせない

「しあわせなら手をたたこう」という歌のできた由来です。

 

 

戦後のフィリピンに労働奉仕に行った若者が

現地の人との交流を通じて聖書の詩編にもとづいてつくった詞に、

現地の子どもたちが歌っていたメロディーをあわせてつくられた歌

 

──平和と聖書のメッセージがこめられているというこの歌の成り立ちを

英語のセリフ、動作、歌、踊りで表現します。

 

 

本番当日、子どもたちは朝から

「ドキドキする!」

「心臓がバクバクいってる!」

ととても緊張した様子でしたが、

いざ発表が始まるととても素敵な表情で発表していました。

 

 

審査の結果“すてきだったで賞”をいただき、

「緊張したけれど、これまでで一番上手に声が出せました」

と達成感を味わった様子が日記からも伝わってきました。

 

 
2014111201

 

 

2014111102

 

 

2014111103

*本番2日前、校内発表のようす

 

 

2014111104

*客席を巻き込んで

 

▼カテゴリー別
▼月別