新着情報

【子ども哲学の授業】

「何について話し合いをしたいですか?」

いっぷう変わった問いかけから始まるのが、関東学院小学校でおこなっている「子ども哲学」の授業です。

 

本校では、関東学院大学教授の杉田正樹先生ご指導のもと「子ども哲学」の授業をカリキュラムに位置づけて、ことしで5年目を迎えます。現在は4~6年生が年に各6時間ほどの時間を「子ども哲学」にあてています。

 

2017102801

 

冒頭の問いかけは、1学期に初めて「哲学」に出会った4年生の、10月26日(木)におこなわれた2学期最初の「哲学」の授業です。

 

「宇宙はいつ作られたのか」

「宇宙はほかにもあるのか」

「なぜ人はケンカをするのか」

「かっこいいってなんだろう」

「宇宙人は本当にいるのか」

「神さまはどうして人間を作ったのか」

 

ファシリテーターの杉田先生のうながしで、子どもたちの発言が続きます。答えがなかなか見つからないだろうと思われるテーマ候補がたくさん出されました。

 

2017102802

 

じつはこのテーマ決めの話し合いから「哲学」が始まっているのです。考えたことや疑問に思ったことを自由に発言し、友だちの正解も不正解もない話を一生懸命に聞き取り、ともに考える。

 

2017102803

 

これを繰り返すことで、物事を真剣に考え友だちと議論する楽しさを実感します。問題を創造的に解決する力やコミュニケーション力が育まれます。本校の教育目標の一つである「自分で考え、判断し、行動しようとする子」につながる姿が子どもたちに見られるようになります。

 

2017102804

 

次回の授業ではテーマをひとつに絞って話し合いを始めます。「正解がない・ひとつとは限らない」テーマを子どもたちがどう考えていくか、自分たちの力で議論を進めていきます。

 

▼カテゴリー別
▼月別