新着情報

【ビブリオバトル】

9月11日(月)、ことしも6年生がビブリオバトルを体験しました。


今回のバトラー(発表者)は4人。担任、校長と、ゲストとして関東学院大学の4年生2人をお迎えしました。お二方とも教職課程で教員免許の取得をめざし、さらに司書教諭課程を履修している意欲的な学生さんです。

 

ビブリオバトルはa組、b組それぞれでおこなわれました(写真でご紹介しているのはb組です)。

 

まず校長がビブリオバトルのルールや意義など概略をプレゼン、ジャンケンで発表順を決めてタイマーがスタートしました。

 

2017091301

 

2017091302

 

『横浜大戦争』Mさん(人間環境学部)

 

2017091303

 

『星の王子さま』Hさん(法学部)

 

2017091304

 

『なみきビブリオバトル・ストーリー』校長

 

2017091306

 

『君たちはどう生きるか』担任

 

2017091307

 

バトラーが手にした興味深い本とその魅力を伝える発表に、子どもたちも目を輝かせて聞き入っています。

 

2017091305

 

発表がおわり、いよいよチャンプ本を決める投票です。参加者は、4人のプレゼンを聞いて「いちばん読んでみたいと思った本」に投票します。自分が発表した本以外に1票を投じたバトラーの票もくわえて...
「チャンプ本は、僅差で...『横浜大戦争』でした!」

 

2017091308

 

終了後、学級文庫の貸し出し用に用意された4冊の本に子どもたちがあつまっていました。休み時間にライブラリーに本を予約しにきた子もいたようで、紹介された4冊の魅力が子どもたちに伝わったようです。

 

また、b組の前の時間におこなわれたa組では、
『星の王子さま』Hさん
『横浜大戦争』Mさん
『夏の庭』担任
『なみきビブリオバトル・ストーリー』校長
の順で発表され、b組と同じ『横浜大戦争』がこちらは大差でチャンプ本に選ばれました。

 

2017091309

 

「人を通して本を知る 本を通して人を知る」
6年生はこのあとじっさいに自分たちでビブリオバトルに挑戦し、本の魅力を伝え合います。

 

▼カテゴリー別
▼月別