新着情報

【はじめの一歩】

1年生は国語の授業、家庭学習で
4月から毎日、音読を続けてきました。

 

作者の思いや登場人物の気持ちを考え、
それを音読表現することに励んできたのです。

 

使い続けた音読詩集『おんどくの森』にも貫禄がつきました。

 

 

2017030301

 

 

学習発表会では音読の力をさらに一歩進め、
群読に挑戦しました。

 

 

一人で取り組む音読と違い、
友だちと声を合わせなければなりません。

 

そのためには、友だちの声を聞くことも必要です。

 

「声がそろわない」
「友だちの声が聞こえない」

 

と、うまくいかないこともありましたが、それでも、

 

「皆で、詩の作者の気持ちを伝えたい」

 

という一心で練習に励みました。

 

1年生は、このような練習を「楽しい」と感じていました。

 

 

2017030302

 

 

2017030303

 

 

英語を含めて9編の詩を群読し、
最後は宮沢賢治「雨ニモマケズ」を群読して締めました。

 

会場から大きな拍手をいただいたことが、
1年生の大きな自信になりました。

 

 

学習発表会の後も、1年生が力を発揮する場所は
学校生活の中にたくさんあります。

 

9月の贈呈式でいただいた聖書。

 

 

2017030304

 

 

2017030305

 

 

指定されたページを自分で探して、
開くことができるようになりました。

 

 

大縄跳びができるようになっただけでなく、
自分たちで縄を回すこともできるようになってきました。

 

 

2017030306

 

 

2017030307

 

 

連続跳びに挑戦しているグループもあります。

 

 

絵の具の使い方にも慣れ、はさみと糊を使いこなし、
顔のコラージュを楽しみました。

 

 

2017030308

 

 

2017030309

 

 

原稿用紙に作文を書くことも大好きです。

 

入学後、初めて作文を書いたのは、4月の終わりでした。

 

そのときは、3つの文からなる作文でしたが、
今は原稿用紙2枚をさらっと書き、
読み直すこともできるようになりました。

 

 

2017030310

 

 

2017030311

 

 

作文だけではありません。
字も立派になりました。

 

5月に書いた名前と今書いたもの。
大きな違いです。

 

「昔書いた字は、ふにゃふにゃあだあ!」

 

と言いながら、上達を喜び、友だちの字を見て、

 

「上手になったねえ」

 

と褒めていました。

 

 

学校生活の1年目。

 

1年生の成長は、とても大きく、しっかりとし、
しかし愛おしい、はじめの一歩です。

 

▼カテゴリー別
▼月別