新着情報

【6年「子ども哲学」】

2月14日(火)と21日(火)、
6年生が「子ども哲学」の授業に参加しました。

 


講師は関東学院大学教授の杉田正樹先生です。

 

 

授業は2時間ずつ2回の予定で、
今回は事前に考えてきた「みんなで考えたいこと」を
発表するところから始まりました。

 

「なぜ、戦争が起こるのか」
「宇宙に端はあるのか」
「人工知能が発達すると、世界はどうなるのか」
「サンタクロースは存在するか」
「死ぬということについて」
「空間のないものは存在するか」

 

など、多岐にわたるテーマが出されました。

 

 

2017022401

 

 

6年生が日ごろからさまざまな疑問や考えを持って
生活していることがわかります。

 

 

授業では、杉田先生がファシリテーターとなり、
発表された「みんなで考えたいこと」の中から
一つのテーマに絞って議論し、考えを深めました。

 

 

2017022402

 

 

「サンタクロースは存在するか」

 

を出発点に選んだクラスでは、

 

「多くのことは思い込みなのではないか」

 

というテーマに絞られ、授業が進みました。

 

 

2017022403

 

 

グループにわかれた討議の場面では、
「思い込み」と「事実」の違いについて、

 

「お金は、人が作りだしたものに価値があると
 思い込んで使っている」

 

という意見と、

 

「実際にお金には価値が認められ、
 ものを買うことができるのだから、事実ではないか」

 

という意見が対立し、それぞれの立場の発言がつづき、
議論が盛りあがりました。

 

 

2017022404

 

 

最後に、グループで話し合われた内容を代表者が発表し、
クラス全体で振り返り、共有のときを持ちました。

 

 

2017022405

 

 

友だちの発言を聞き取って理解し、
自分の考えとの共通点や相違点をさぐり、
そのうえで自分の伝えたいことをまとめ、
どういうことばにしたら友だちに伝わるか、
一生懸命に頭をはたらかせた哲学の時間でした。

 

▼カテゴリー別
▼月別