新着情報

【休み時間のライブラリー】

「関東学院小学校が選んだ100冊の本」が子どもたちの手に渡って1か月になります。

 

子どもたちは「100冊の本」を手にライブラリーにやって来て、
「マークがついている本の中から選ぶんだ!」
と言って本を選んだり、読んだ本を読書ノートに記録したりしています。

 

ライブラリーでは、100冊の本を一か所にまとめて置いています。
そこに集まり、友だちどうしで本を薦めあうほほえましい姿も見られます。

 

「パディントンって、けっこうおもしろいね」
と笑顔で話す6年生。

 

「あとちょっとで終わりまで読めるんだ。
 だから今日もう一回借りていくね。
 物語を終わりまで読めるの、初めてなんだ。」
とうれしそうに話す5年生。

 

子どもの成長に本がしなやかによりそっています。

 

 ⇒ 「関東学院小学校が選んだ100冊の本」

 

 

2014062701

 

 

2014062702

 

 

2014062703

▼カテゴリー別
▼月別