新着情報

【社会科見学~3年生】

3年生社会科「ものを作る仕事」の学習で、
11月25日(水)にb組が、翌26日(木)にはa組が、
ポンパドウル元町本店に社会科見学に行きました。

 

 


まず京浜急行で黄金町駅から横浜駅へ、
そこからみなとみらい線に乗り換えて元町中華街駅に着きました。

 

2015120301

 

 

3年生になって社会科見学は6回目。
「公共」の意識が育ってきていて、
子どもたちは上手に電車に乗ることができました。

 

 

駅を出て、アメリカ山公園を通って外国人墓地に行きました。
関東学院創立者のお一人である
宣教師ベンネット先生のお墓もここにあります。

 

2015120312

 

 

そのあと元町商店街を通り、いよいよポンパドウルに到着です。

 

さいしょに、パンの良い香りにつつまれながらお話を聞きました。
ポンパドウルが大切にしていることや
パンの歴史について学びました。

 

2015120303

 

 

2015120304

 

 

子どもたちがいちばん驚いたのは、
朝9時にフランスパンを焼きあげるために、
夜中の3時から作業しているということです。

 

「たいへんだ」
「いったい何時に家をでるの?」

 

 

いつでも焼きたてのパンをお客様に買っていただきたいから、
一店舗一工房という体制をとっているということも知りました。

 

 

つづいて身仕度を整えて工房へ。

 

カレーのルーを包んでカレーパンを作るところを
間近で見ることができました。

 

2015120305

 

 

2015120306

 

 

2015120307

 

 

焼きあがったパンを
オーブンから取り出すところを見たグループもありました。

 

2015120308

 

 

2015120309

 

 

働いている人たちの職人技にわくわくどきどきが止まりません。

 

 

質問タイムでは、
時間が足りなくなるくらいたくさんの質問が出ました。

 

「一番うれしいことは何ですか?」
「お客さんに美味しいと喜んでもらった時です」

 

という答えから、
人に喜んでもらうことが幸せなのだということも実感しました。

 

 

2015120310

 

 

見学で学んだことが、
試食したフランスパンの味と共に胸に刻み込まれました。

 

 

2015120311

 

▼カテゴリー別
▼月別