特色ある教育

たくさんの出会いと経験、思考力・想像力を養う幅広い学習。関東学院小学校では豊かな心と確かな学力を育むための環境が整っています。

独自の教育カリキュラム

ほんの学校プロジェクト

友となる一冊が、自分を刺激し、自分らしさをつくり、想像力を広げる。本がもたらすチカラは無限です。関東学院小学校は、創立以来、本と触れ合う時間を大切にしています。

・朝の10分間読書

本の世界に入り、想像のつばさを広げる時間。知らないことを知る、知的好奇心が満たされる時間。子どもたちは読む本を自分で選び、読書習慣を自然に身につけていきます。導入してから20年以上、朝読書は学校生活にしっかりと根づいています。

・お話会(にじの会・ももの会・子ども博物館)

月に一度、礼拝堂で「お話会」を開いています。1・2年生は「にじの会」、3・4年生は「ももの会」と呼び、先生がお話を覚えて語ります。身近な存在である先生が語ることも引力となって、子どもたちをお話の世界へ導きます。子どもたちは「お話会」を通して、豊かな心、創造性、そして読書への興味を育んでいきます。また「子ども博物館」は、ノンフィクションの分野から、教師が得意なテーマについて話します。科学のふしぎ、芸術のゆたかさ、社会のしくみなど、子どもの興味、関心を広げます。

・作家を招いた講演会

こどもの本の作家を招いて講演会を行います。物語が誕生するいきさつや、物語を通して作者が伝えたかったことなど、直接お話を聞くことができます。作者の話を聞くことは、子どもの読書意欲をわきたたせます。子どもは講演会までに課題図書を読み終えているので、作家に聞きたいこともたくさんあります。斉藤惇夫さん、角野栄子さん、杉山亮さん、富安陽子さん、岡田淳さん… 読書の楽しみが広がります。

・関東学院小学校の100冊

子どもたちに読んで欲しい本のリスト「関東学院小学校の100冊」を選定しています。その100冊を学年に応じて学級文庫に配架します。すぐに手にとって読めるようにしています。

・こども読書週間

「好きな本を写真で紹介しよう」と呼びかけるこども読書週間。好きな本と一緒に撮った写真を、スライドショーにして放映します。友だちの紹介する本を知り、手に取ることは、子どもたちの大きな楽しみです。

・ブックフェア

秋の2日間、教文館ナルニア国の協力でブックフェアを開催しています。おすすめの児童書が展示され、手にとって見ることができます。また、購入することもできます。

・読書ノート

子どもたちが読んだ本の記録を残すためのオリジナルのノートです。読書期間や感想などを記すことで、読書生活を深め豊かにします。

ICT教育

子どもたちの学ぶ意欲と関心を高めるために、関東学院小学校では、ICTの活用を積極的に進めています。プログラミングの基礎も学習しながら、楽しく学び合う授業を展開しています。

・動画や写真で授業をよりわかりやすく

各教室に設置した電子黒板では、画像を表示しながら強調したい部分を拡大縮小したり自由に書き込みができます。情報量の豊かな動画や音声を用いて説明することで、子どもたちの授業への関心を高め、学習への理解を深めます。デジタル教科書や学習ソフトも使い、たとえば算数では、説明しづらい形をバーチャルな映像として提示して見せます。計算練習、図形の展開図、面積や体積の可視化などで学習内容をわかりやすく提示しながら、児童の集中と習熟をはかります。iPadは漢字や計算のドリル学習にも活用しています。

・ICT機器を利用して伝える力を高める

パソコンと情報端末の活用により、より表現豊かなプレゼンテーションが可能になります。パソコンの授業では、低学年からペイントソフトによるお絵描きなどで表現の基礎を学びます。中学年からはパワーポイントを利用して学校紹介を行うなど、表現の幅を広げます。さらに、iPadを活用して、調べたり、撮影したり、情報の編集・加工を行います。グループ学習や学級全体での発表の場を活発にしながら、互いを高め合う力を育んでいきます。

イングリッシュキャンプ

学校を出発し、学校へ戻るまで、英語漬けの3日間です。昨年度は成田空港での突撃インタビューを実施。「理解できた!」「伝えられた!」という英語によるコミュニケーションの成功体験を積み重ねて、よりいっそう学習意欲を高めます。

哲学の授業

大学の先生による4~6年生対象の授業です。哲学は、問題が何であるかをまず考えます。そこから、テーマを決めてグループで自由に意見を出し合います。自分で考え、他人の意見を聞くことで、ものごとを深く考え、多面的にものを見る目が育っていきます。

出前授業&校外学習

街で見るけれど、実際には乗ったことがない収集車。その仕組みや工夫を知り、実際に子どもたちがごみを収集車に入れてボタンを押し、ごみが収集車の中に入る様子を観察するなど本物に触れる機会を大事にしています。

総合的な学力形成

いきいきと学ぶ子どもたちを、独自の教育カリキュラムで成長へと導く。基礎学力の向上から応用まで、自ら取り組む意欲を育み、一人ひとりの能力を最大限に引き出します。

週時間数(2016年度)

 
礼拝・体操・読書  
1年生 5 5 5 5 5 25
2年生 5 6 5 5 5 26
3年生 6 6 6 5 6 29
4年生 6 6 6 6 6 30
5年生 6 6 6 6 6 30
6年生 6 6 6 6 6 30
  • 標準よりも多く時間数をとり、教科の充実をはかるとともに、社会科見学、体験授業、出前授業など本物に出会う学習にも力を入れています。
  • 各学年週1時間、英語のネイティブスピーカーによる授業を行っています。
  • 1年生からパソコンに触れる授業を行い、3・4年生では週1時間パソコンの授業を行っています。
  • 4~6年生は木曜日6時間目にクラブ活動(ぶどうの木)を行っています。
  • 放課後は曜日を決めて補習を行っています。

英語教育

外国人の先生と日本人の先生がチームを組み、低学年では「聞く・話す」を中心に、中学年から高学年にかけては「書く・読む」も取り入れて学習します。1・2年生はゲームをしながら単語やフレーズをシャワーのように聞かせます。「フォニックス」により発音と文字のつづりの関係をおぼえ、6年生までに英語の正しい発音、読み書きの基礎を身につけます。

算数の授業

基礎学力をつける計算テストや、次学年につなげるステップテストを行っています。また、発展的な課題を解決できるよう独自の学習プログラムを組んでいます。4~6年生は複数教員が担当し、中学入試レベルまで学力を向上できるよう、きめ細かな指導をしています。

国語の授業

全ての学びの基盤となる「ことばの力」を身につけ、豊かな人間性を育むための工夫をしています。ことばに立ち止まって読み深め、自分の考えを表現できることを大切にしています。また、基礎学力定着の一環として、年2回の漢字検定に挑戦しています。

社会の授業

「つながる学び」をテーマに、他者や地域社会との関わりやつながりを知り、未来へとつなげて考える力を身につけます。4年生は地域、5年生は日本や海外の国、6年生は過去や未来とのつながりを考え、気づきや問いを出し合い、課題を発見し、発表します。

理科の授業

基礎的な知識を十分に身に付ける授業に加えて、よく見て考える力を伸ばします。1つの事象に立ち止まり、なぜそうなるのか予想して仮説を立て、話し合い、実際に確かめます。自然の神秘や法則を実感をもって理解できる。そんな心を動かす授業がテーマです。

学力向上のための取り組み

・総合学力調査

学力を客観的に把握できる調査問題により学習内容の到達の度合いを経年で確認することで、意識調査とあわせて個人の成果と課題が分析できます。結果資料は個人面談で共有し、ふりかえりの学習と家庭でのケアに役立てます。

・漢字検定

漢字の読み書き能力をはかるために、当該学年に応じた級の取得をすすめています。4月の進級時には、前の学年の学習を終えていることが確認できるようになっています。1年生の学習内容に相当する10級に始まり、最終的には6年生で全員が5級以上の取得を目指します。

毎年イノベーション

例えばICT教育や子ども哲学の導入(2013)、学年文集の作成(2015)、イングリッシュキャンプの実施(2016)など教育内容にかかわることから、校舎建築(2014)、人工芝グラウンド整備(2015)、パイプオルガン設置/児童トイレ洋式化(2016)のような大がかりなものまで、子どもたちにも保護者の方々にも、訪れるたびにサプライズがある学校づくりで「驚き」と「楽しみ」をお届けしています。

創立65周年にあたる2017年度は、さてどんなサプライズがあるか、お楽しみに。

校舎完成(2014)

人工芝グラウンド完成(2015)

パイプオルガン設置(2016)