学校について

校長からのごあいさつ

学校長 岡崎 一実


学校長 岡崎 一実
子どもたちの笑顔のために

関東学院小学校は、キリスト教にもとづく人間教育を理念とし、校訓「人になれ 奉仕せよ」のもと3つの教育目標にむかってあゆんでいる「夢を育む学校」です──この一文にこめられた小学校のすがたが、礼拝堂をつつむ祈りと賛美の歌声に、教室にあふれる学びの熱意にあらわれています。子どもたちのはじける笑顔と、それを見守りともにあゆむ教職員にも示されています。

「ほんの学校」や「ICT機器を活用した教育」など特色ある教育プログラムと、学習と生活を支えるゆたかな教育環境の中で、人格の基礎をかたちづくり、夢にむかって21世紀を生きてゆく子どもたちを育みたいと願っています。

創立65周年をむかえた関東学院小学校、すべては子どもたちの笑顔のために。

校訓

「人になれ 奉仕せよ」

「人になれ 奉仕せよ」とは、1919年の中学関東学院第1回入学式において、初代学院長 坂田 祐が提唱したキリスト教に基づく本学院の教育理念を端的に言い表したものです。

「キリスト教の教訓をもって人たるの人格をみがき、キリスト教の愛の精神をもって奉仕すること」を意味するこのスクールモットーは、以来、関東学院の歴史とともに継承されています。

沿革

1884年 横浜バプテスト神学校設立
1919年 中学関東学院創立
1952年 関東学院小学校三春台分教室開設
1953年 関東学院小学校として独立
2012年 創立60周年